植毛LAB
ARTAS(アルタス)植毛への道

自毛植毛のその後ってどうなるの?

  1. 自毛植毛のその後ってどうなるの?
自毛植毛のその後ってどうなるの?

植毛のお悩み解決

2020.10.25

自毛植毛のその後のポイント

  • 自毛植毛は自分の毛を植える薄毛治療
  • 自毛植毛はその後、一旦毛が抜け、1年~1年半後に完成となる
  • 自毛植毛は1年~1年後以降は一生涯続けてくれる

 

自毛植毛とは

自毛植毛とは、

自分の毛を植える薄毛改善治療です。

生え際や頭頂部が徐々に毛が薄くなり

生え際が後退して行きます。

これは男性ホルモンによる影響で

一般的には AGA と言われています。

ハゲとか若ハゲと呼ばれることもあります。

この薄毛改善治療として

飲み薬や塗り薬がありますが、

植毛もとても有効な治療の1つです。

植毛には自毛植毛と人工植毛があります。

人工植毛とは、ナイロンやチタンなどの

細い糸状のものを髪の毛に似せて

頭皮に突き刺していく方法です。

人工毛植毛は歴史的に見てもひどい結末になるので

絶対にお勧めしません。

感染や瘢痕によって最終的に抜去しなければならなくなり、

それどころかもともとある毛も影響をうけて

全て抜けてしまうからです。

そもそも人工毛は異物です。

炎症が起こり皮膚が硬くなります。

取り返しのつかないことになることが多いです。

一方で自毛植毛は、

自分の後頭部の毛を

生え際や頭頂部の薄い部分に植えます。

こうすることによって後頭部の毛は

細く短くなることはないので、

植えた毛が一生生え続けるわけです。

飲み薬や塗り薬のように、

辞めてしまったら戻ろうとすることはなく、

メンテナンスが不要の

一生生え続ける治療なのです。

薄毛治療では最も効果が高く、

効果も長持ちする治療なのです。

自毛植毛 その後 2

自毛植毛のその後:完成はいつ?

自毛植毛の完成は1年から1年半後です。

自毛植毛は、手術を終えたら

すぐに完成というわけではありません。

大まかな流れで言うと、

植えた毛は一度抜けてしまいます。

毛根から新しい毛が生えて、

毛のサイクルが整い、

生えそろうまでに

1年から1年半かかります。

 

自毛植毛のその後:植毛直後

植毛手術の直後の状態は、

植えた短い毛がツンツンしている状態です。

植えた直後なので

少しかさぶたがついている状態です。

生え際や頭頂部のもともとある毛で

植えたところを覆い隠して

カモフラージュします。

 

自毛植毛その後:1ヶ月後

自毛植毛をして1ヶ月経過する頃には、

植えた毛が全て抜け落ちます。

植毛後1~2週間後から徐々にポロポロと

抜けていきます。

この時は一番不安になる時期なのですが

安心してください。

毛の種である毛根は残り、

既に皮膚の奥で

定着した状態となっています。

植毛する前の状態に戻ってしまったように見えます。

この時期はたずらに不安になることなく、

辛抱強く待ちましょう。

 

自毛植毛その後:3ヶ月から6ヶ月後

自毛植毛を行ってから3ヶ月から半年程度経つと

いよいよ定着した毛根から

髪の毛が芽を出します。

皮膚の表面からチロチロと生え始めてきます。

実は植毛した髪の毛一本一本の

毛周期と言って、毛のサイクルは微妙にずれています。

なのである部分は毛が生えてきたが、

ある部分はまだ生えていない、

といったようなまだらな状態になります。

また、生えてきたとしても一部分が細かったり

一部が短かったりというような、

均一性がない状態です。

半年経過する頃には、だいぶ生えてきたな、

という印象にはなりますので、

植毛の効果を実感し始めるタイミングとなります。

しかし半年ではまだまだこれから

太く長く伸びていく可能性があるるのです。

 

自毛植毛 その後 3

自毛植毛その後:半年から1年後

自毛植毛して半年が経過すると、

毛周期が整ってきます。

髪の毛は成長期、退行期、休止期のサイクルがあり、

毛が伸びる時期が成長期、

成長を止める時期が退行期、

冬眠して毛根だけの状態になる休止期

をぐるぐる繰り返しています。

植毛直後は、

毛は夜冬眠状態である休止期になっています。

血管から酸素や栄養が届けられるようになると、

いよいよ毛が伸びる成長期に入るわけです。

しかし成長期に入るタイミングというのは

一本一本の毛によってバラバラなので、

これが一通りそろい、

そして細い毛が太い毛になる

短い毛が長い毛になり

全体が整ってくるのに

さらに6ヶ月から1年程度かかるわけです。

後半半年はヘアサイクルが整って

まだらな状態が均一に、

長く太く伸びる状態を待つ時期となります。

 

自毛植毛その後:1年~1年半後以降

自毛植毛干して1年から1年半経つ頃が

植毛の完成状態となります。

まれに2年程度かかる人もいますが、

平均的にはこのぐらいです。

この頃には髪型やアスタイルを決めることができます。

以前のように薄毛の部分を気にすることもなくなり

水に濡れても毛が立っている、

であったりとか、

全体のボリューム感があるなど、

植毛して良かったなと実感できます。

植毛したことも忘れるぐらい

快適な生活ができます。

植毛の最大のメリットは

定着した毛は一生生え続ける点です。

メンテナンス不要で

一生生え続ける自毛植毛は効果も高く

最も長持ちする薄毛治療なのです。

自毛植毛 その後 4

自毛植毛その後のまとめ

自毛植毛のその後は、

植毛したことも忘れてしまうくらい

快適な日常生活を送れます。

生え際の後退や M 字部分、

まだ頭頂部の薄かった部分が

メンテナンスの必要なく気にならなくなります。

生えた毛は一生生え続けるからです。

自毛植毛の結果が出てくるためには

手術から一年が必要です。

1年間悩むのであれば、思い切って植毛を受けて

一年を待った方が、1年後以降が

楽しい日常生活になるのではないでしょうか。

気になる方はいつでもご相談ください。

 

記事監修

このページは医療に関わる

専門的な内容になっています。

そのため、医師免許を持った

加藤晴之輔総院長をはじめ、

日本形成外科学会(JSPRS)専門医、

日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する

ルーチェクリニック医師陣が

監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

クラウンクリニックでは

カウンセリング料、診察料、

再診料などは頂いておりません。

お話だけならお金はかかりません。

後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓

ご予約@クラウンクリニック銀座

この記事をシェアする

PAGETOP